富士化学株式会社ロゴ
画像:会社案内ページTOP
HOMEページへ 会社案内ページへ 製品情報ページへ 事例紹介ページへ アクセスページへ 採用情報ページへ お問合せページへ



タイトル:会社案内

サブタイトル:沿革


リンク:会社方針・品質方針へリンク:会社概要へリンク:沿革へ

 沿革


 昭和 7年 大阪市において高橋水硝子製造所として珪酸ソーダの製造販売開始
 昭和23年 名化工業株式会社設立(現 名古屋工場)
 昭和25年 株式会社高橋水硝子製造所と組織を変更(現 大阪工場)
 昭和26年 富士硅曹株式会社設立(現 東京工場)
 昭和32年 高蔵寺化学工業株式会社設立(現 富士シリシア化学株式会社 本社工場)
 昭和35年 珪素化学研究所を大阪に設置
 昭和36年 富士硅曹株式会社、名化工業株式会社、株式会社高橋水硝子製造所の三社合併及び研究所吸収、社名を富士化学株式会社として発足
 昭和37年 愛媛事業所設置(現 富士シリシア化学株式会社 愛媛工場)
 昭和38年 福岡市に九州工場設置
 昭和40年 珪酸ソーダ事業合理化のため旭硝子株式会社・日本化学工業株式会社・当社と三社共同出資によりカレット専門工場として日本珪酸曹達硝子株式会社設立
 同       年 シリカゲル事業部門を関連会社を通じて、米国WR、グレース社との合併企業 富士デヴィソン化学株式会社(現 富士シリシア化学株式会社)に譲渡する
 昭和41年 愛媛県川之江市に株式会社猪川商店と共同出資により三ツ輪化学工業株式会社設立
 昭和42年 静岡県富士市に、大阪合同株式会社(現 オー・ジー株式会社)と共同出資により鈴川化学工業株式会社設立
 昭和42年 名古屋工場を愛知県春日井市に移設
 同       年 新潟県に日星産業株式会社と共同出資により北越化学工業株式会社設立
 昭和45年 広島県東広島市に富士珪曹株式会社設立 
 同       年 千葉県市原市に千葉珪曹株式会社設立
 昭和47年 大阪工場を大阪府枚方市に移設
 昭和52年 九州工場を福岡県北九州市に移設
 昭和58年 東京工場を千葉県船橋市に移設 同時に研究所を設置
 昭和59年 北越化学株式会社を当社単独出資に変更
 平成 3年 E&Cエンジニアリング株式会社設立、電波関連事業に出資
 平成 4年 東京工場内に日本化学工業株式会社と共同出資による、京葉ケミカル株式会社設立
 平成 5年 岐阜県中津川市にテクニカルセンター(中津川工場)を設置し、東京研究所を移設
 平成11年 日向工場を宮崎県日向市に設置
 同       年 株式会社ニッケイソ(各種工業薬品の販売会社)を買収
 平成12年 ISO9002認証取得(ハウトフォーム製品)
 平成13年 ISO9002認証取得(珪酸ソーダ製品)
 平成14年 テクニカルセンター(中津川工場)内に分析センターオープン
 平成15年 ISO9001審査登録(移行・統合・拡大)(ハウトフォーム製品と珪酸ソーダ製品)
 平成17年 ISO9001審査登録(コンクリート防水材)
 平成26年 ベトナム現地法人(Fuji Chemical Vietnam Co.,Ltd.)設立
 平成31年 大阪中小企業投資育成株式会社より出資を受け、資本金8,000万円に増資


ページのTOPへ




環境方針 サイトポリシー サイトマップ

copyright (c) 2006 FUJI CHEMICAL CO.,LTD All right reserved.